遺言の作成をご検討の方へ

遺言を作成しようと思い立ったら、書店やセミナーに行って、作り方を調べる方も多いと思います。そういったなかで、誰かに相談したいなあと思われた場合は、弁護士、司法書士、行政書士に聞かれることになろうかと思います。

司法書士は、遺言をした人がお亡くなりになられた後、その遺言を使ってお仕事をする機会がとても多い士業です。遺言を遺される方には、不動産をお持ちの方が多く、不動産の名義換えを行うために、その遺言書が必要だからです。公正証書遺言であれば、基本的にはその公正証書遺言の正本か謄本があればよく、戸籍等の書類も少しで済みます。また、自筆証書遺言であれば、すぐに家庭裁判所への検認をしていただくようご案内し、速やかに遺言を実現できるよう、アドバイスをさせていただきます。

ところで、不動産の名義を換えるための申請先は、不動産の所在地を管轄する法務局ですが、法務局では、その遺言をもって有効に不動産の名義を換えることができるか、厳格にチェックすることになります。そして、もし、不動産の記載などに不備があるなどした場合、せっかく作った遺言なのに、それを使うことができず、相続人全員から遺産分割協議書にサイン(実印と印鑑証明書つき)をもらわなければならなくなった…ということになってしまう可能性があります。

このように、預貯金や有価証券はもちろんですが、特に不動産や不動産に関係することについては、細かいところに気をつけておいたほうがいい場合もあります。そういった場合に、司法書士は、とても具体的なアドバイスをさせていただくことができます。

遺言を作成するにあたり、最も大事なことは、その内容です。そして、将来、遺言は有効に使えるものでなくてはなりません。遺言を作成する場合は、ぜひ一度、ご相談ください。

 

お問い合わせ
Copyright(c) 2015 司法書士 今宿・周船寺法務事務所 All Rights Reserved.