法定相続について

法定相続のしくみ

人が亡くなると、その人の財産や負債、権利や義務は、一部の権利(身元保証をしていたときのその身元保証人の立場など)を除き、民法で定められた人たちに、ある一定の順序で、引き継がれることになります。これを「法定相続」と言います。
この法定相続のおおまかなしくみを説明します。

ある人(Aさん)が亡くなったときに、相続人になる人

1 配偶者
配偶者は、Aさんが亡くなったときに存在していれば、必ず相続人になります。ただし、離婚していた妻や、Aさんが亡くなるよりも前に亡くなっている妻は相続人になりません。

2 子(養子)
子は、血がつながっている場合は、結婚しているときの子でも、昔結婚していたときの子でも、未婚で生まれた子でもみんな相続人です。また、戸籍への届け出をした正式な養子も、同じ子として相続権があります。子が何人もいる場合の相続権は、全員同一割合です。
また、「代襲相続」と言って、子がAさんよりも先に亡くなっていたときに、子に子(Aさんから見たら孫)がいたら、孫も相続人になります。

3 祖父母、曹祖父母
これらの人は、Aさんに子や代襲相続人いなかったときは、相続人になります。祖父母や曹祖父母は全員揃っている必要はありませんが、祖父母のどちらかが健在であれば、曹祖父母に相続権がいくことはありません。また、Aさんが誰かの養子になっていれば、養父母も相続人の地位を得ることができます。

4 兄弟姉妹
これらの人は、Aさんに子も代襲相続人も祖父母も曹祖父母もいなかったときに、相続人になります。兄弟姉妹のうち、自分と片親が違う兄弟がいたとしても、相続権はあります。また、養子兄弟姉妹でも、相続人になります。また、また、「代襲相続」と言って、兄弟姉妹の誰かがAさんよりも先に亡くなっていたときに、兄弟姉妹に子(Aさんから見たらおいめい)がいたら、そのおいめいも相続人になります。

相続放棄

1~4までの相続人は、好むと好まざるとにかかわらず、Aさんが死亡時にもっていた権利義務を引き継ぐことになります。この相続権を、はなっから「相続人でなかったと同様の状態」にしたい場合は、家庭裁判所に「相続放棄」の申立てをすることになります。
この相続放棄の効果はどういうものかと言いますと、例えば、Aさん死亡時に、Aさんの妻と子1人(孫なし)がいたとして、子が相続放棄をしてしまうと、子ははなっから相続人でなかったことになるので、今度はAさんの妻とAさんの祖父母が相続人になるというしくみです。
相続放棄は、だいたいにおいて、Aさんにマイナスの財産が多いようなときに使われることが多いようです。相続放棄を申し立てるときは、申立期間などにも配慮することになりますので、実際は、具体的な事情を確認しながら、申立てをしたほうがいいか否かを検討する必要があるでしょう。

 

お問い合わせ
Copyright(c) 2015 司法書士 今宿・周船寺法務事務所 All Rights Reserved.