【ひとくちメモ】古い権利証の整理をお手伝い

2015-10-08

何かのお仕事がきっかけとなり、気になることがあるとご相談に来られる、というカテゴリーのお客様方が弊所にも当然おられまして、そのなかのおひとりが、本日来所されました。(可愛いお花を持って!ありがとうございます!!)

今日は、古い権利証を風呂敷に包んで来られました。

たくさんの不動産をお持ちですが、先代、先々代からの相続書類を全て保存してあり、「どれがどれだか…」という状況にあられるとのこと。

早速一冊ずつ見せていただいて、明らかに不要のもの(昔の抵当権抹消の書類など)と、現在有効なものを選り分け、それでもさらに謎のもの(売却済など)は、インターネット登記簿や名寄せ帳を取って確認することにしました。また、数が多く、地番も変わっていたりするので、一旦お預かりし、後日ご報告をすることにしました。

この、「権利証みたいなのがたくさんあってどれが大事だかわからない問題」は、お客様のお宅に伺うと、よくあるご相談です。

権利証の束の全てが、その場で要不要を判断できるわけではありませんが、少なくとも「これはもういらないです(キリッ)」と断言できるものもたくさんあるので、気になられる方は機会があれば拝見させていただきますよ。

 

 

Copyright(c) 2018 司法書士 今宿・周船寺法務事務所 All Rights Reserved.