【ひとくちメモ】後見業務の締めの難しさ~財産の引継ぎ~

2015-06-23

主にご高齢者の方の成年後見人として、何件か事務をしています。

後見業務は、その方が亡くなられた後は、相続人の方に預かっていた財産を引き継いで終わることになりますが、今回、どうしても引き継いでいただけないケースに出会っています。

相続人の方は、感よを拒否される場合は、家庭裁判所に「相続放棄をする」という手続きがありますので、その手続きを踏んでいただければよいのですが、なかなかそういうところまで踏み込んでやって下さる方はいらっしゃいません。

今回のケース、特に負債があるわけでもなく、残った預貯金をお渡しするだけなのですが…その方のお気持ちを聞くことすらできないので、さてどうすればいいか検討をしています。

 

Copyright(c) 2018 司法書士 今宿・周船寺法務事務所 All Rights Reserved.