【ひとくちメモ】贈与登記の登録免許税は…

2015-05-25

親から子への居住用住宅の贈与登記のご相談がありました。

生前贈与に関しては、いくつかの控除パターンがあるので、それらの対策を検討することは大事ですが、なんとなくわかりづらいですね。

今日のご相談のなかで、贈与をするときの登記の税がゼロになるんでは?ということでしたが…

それは残念ながら違うとです。(ヒロシ風。古)

登記の税、すなわち登記を申請するときには、必ず収入印紙を貼って出すわけですが、この税金は、特段安くなるしくみはありません。

固定資産評価額の2%が税率です。500万円でも10万円の印紙を貼るとです。

こういう金額もわかっておかないと、後で「むう」ということになります。

でも、生前贈与の最大のメリットは、何と言っても「今、名義を変えられる」ということにつきます。

遺言等で将来の取得者を決めることもできますが、先々のことはどうなるかわかりませんし、相続には「遺留分」等の制限もあります。

たとえ一時の費用がかかったとしても、今のうちに名義を変えておくことで先々の不安を払しょくすることができます。

これが生前贈与の大きな特徴です。

Copyright(c) 2018 司法書士 今宿・周船寺法務事務所 All Rights Reserved.