【ひとくちメモ】すでに川底にある土地

2015-05-20

相続登記のご依頼のなかで、既に川の堤防敷になっている部分があり、これをどうするかについて法務局に相談に行きました。

川の堤防敷になった時点の土地台帳を調べたところ、「官有と成」的な記録があり、この時点で個人名義のままで登記が残っていてはおかしいのですが、まあそこはいろんな事情があるようです。

登記官と打ち合わせたところでは、既に存在しない土地の登記なので、申請というよりも、「申し出の方法で行う…っていうのでいいと思うよたぶん。」ということでしたので、その申し出をどのようにするかということですが、とりあえずこちらで素案を作って照会することになりました。

私は調査士さんではないので、申請などのお仕事になるわけではないのですが(爆)、とっても珍しいことなので、非常に勉強になりますし、こういうの考えるのけっこう好きだったりします。現実逃避でしょうか…。

Copyright(c) 2018 司法書士 今宿・周船寺法務事務所 All Rights Reserved.