【ひとくちメモ】相続法改正点~特別寄与料について~

2019-07-16

「登記簿取って」とご依頼のあったお客様が来所された際、改正相続の話になりましたが、そのときに特別寄与料のことが出てきました。

寄与分が認められやすくなったっちゃろ?というお話で、私としては、寄与の改正部分についてはこのような解釈がなされてしまうだろうと思っておりましたことから、

今日、その自信が確信に変わりました(BY松坂大輔)。

今回の改正は、「寄与分の請求を認めてもらえる人の範囲」が広がったことにあり、調停等においてもハードルが高かった「寄与」の認定が受けやすくなったというものではないという点がポイントです。

今回の改正では、これまで相続人にしか認められていなかった寄与の主張を、相続人以外の親族(六親等内の血族、配偶者、三親等内の姻族)にも認めています。

考えうるもっともわかりやすい例が「お嫁さん」ではないかと思われます。

お姑さんの遺産をどうわけるかの子供たちの話し合いの席で、やおら、お嫁さんが「私がお姑さんの面倒を見てきたから、寄与分をいただけますか?」と言うことができるというわけです。

しかし、その発言を聞いた相続人たちは、いったいどんな反応を示すでしょうか。

すんなり遺産を分けてくれたら万々歳です。しかし、どちらかというと、ただでさえ重いムードの協議が、よりいっそう重みを増すような気がしませんでしょうか。

ちなみに、寄与の認定は実際はハードルが高く、単にお世話を続けていたというだけでは認定されにくく、亡くなった人の財産をキープしたり、増加させたりしたこと等、扶養の範囲を超えて特別になにかした結果、が必要です。

結局、特別寄与料の請求は、調停や裁判に持ち込まれなければ、実現できないものなんじゃないかなと考えています。

ですが、調停や裁判は、その後の親族関係を末代まで壊しかねない最終兵器になる可能性もありますから、利用はやはり慎重にならざるを得ないし、結局そのハードルの高さに泣き寝入りということもあるかもしれません。

介護は本当に心身共にご負担の多いお仕事だと思います。

介護をする方においては、過度なご負担をひとりで背負わず、任せるところは任せてしまうというお気持ちでがんばられることが、後でつらい思いをされずいいのかもしれません。

また、介護を受ける方においては、感謝のお気持ちを、これまである王道の制度(遺言等)でしっかりフォローしてあげることが、よいのかなと思います。

改正民法は、けっこういろいろ考えてしまいますね~。。

 

 

Copyright(c) 2018 司法書士 今宿・周船寺法務事務所 All Rights Reserved.