【ひとくちメモ】相続法改正点~自筆証書遺言の形式の緩和~

2019-07-02

いよいよ7月から改正相続法の大きなものが施行されています。

今日は、既に1月13日から施行されている、自筆証書遺言の形式について、一部緩和されている部分について説明します。

自筆証書遺言は、遺言の全文と日付、氏名について、全て自筆で書き、かつ押印するというルールでした。

しかし、全文を自書となるとそれなりにプレッシャーもあり、思い込み等の事情で間違ってしまい、蓋を開けると「使えない遺言」となるケースもないわけではありませんでした。

そこで、遺言の内容のうち、財産に関する部分を目録として付ける場合は、その目録部分だけはPCで作成したものや他人による筆記のもの、不動産に関しては登記事項証明書でもOKとすることができるようになりました。

ただ、その目録部分にも、署名し、印鑑が必要です。なお、契印についてはそもそも民法の規定にはありませんのでなくても大丈夫ですが、私どものような立場からしますと、しておいていただきたい気持ちはあります。

特に不動産がある場合は、登記事項証明書の添付でよいというのは、とても良いと思います。

ただ、争いになりそうだなどという場合は、やはりちょっと面倒でも公正証書のほうが安心かなと考えています。

 

Copyright(c) 2018 司法書士 今宿・周船寺法務事務所 All Rights Reserved.