【ひとくちメモ】登記簿と固定資産証明書の面積が違う。

2017-06-28

相続登記のご依頼のなかで、お客様が、お持ちになった登記簿と固定資産納税証明書を示して「登記簿とこの納税証明書と、建物の床面積がぜんぜん違うんですが、大丈夫ですか?」というご質問をなさいました。

この、登記簿と固定資産評価証明書の床面積が違うことは、弊所の地域での相続登記では、珍しいことではありません。

最初に前提をお話ししますと、建物の登記簿というのは、その建物の所有者自らが「申請」をしなければ、登記簿ができあがりません。つまり、誰か(例えば法務局や固定資産税課や司法書士)が勝手に適当に登記簿を作ったのではないということになります。

そこで、登記簿にある床面積などの項目は、少なくとも登記(建物の構造などを登録する登記は、表題登記といいます)を作った時点では間違ってなかったはず、というのが前提です。

しかし、建物はよく、使い勝手が良くなるように増築したり、そばに倉庫を作ったりすることもありますね。そしてそのとき人は「登記も変更しとかないかんね~」と思うでしょうか?

否。

ほとんどの人は、登記の表題部が変わったからといって、表題部の変更登記をしようなんて思い及ばないのです。

ひるがえって、固定資産評価証明書は何のためにあるのでしょうか。それは固定資産税という税金を課すためです。

固定資産税の算定の根拠となる固定資産評価額は、建物であれば、その現況がどうかという点で計算します。

登記簿の床面積が35㎡となっているとしても、現地に行ったら思いっきり増築されていて、どうみても100㎡はありそうだというときに、固定資産税課としては、変更されていない登記面積の35㎡ではなく、現実に存在している建物の100㎡に対して課税したいという理屈です。

つまり、この登記簿と固定資産評価証明書にそれぞれ記載されている床面積等の違いは、「変化していない登記簿」と「現況にあわせた評価を必要とする税金」というダブルの理由で発生することが多いです。

弊所の近くには、古くからある建物を大事に使っていらっしゃるお宅もたくさんあります。ですから、そのような乖離も時々発生してしまうというわけです。

登記簿にある建物が現に存在しているのであれば、たとえ床面積が異なっていても、相続登記は可能ですのでご安心ください。

Copyright(c) 2018 司法書士 今宿・周船寺法務事務所 All Rights Reserved.