【ひとくちメモ】亡くなられた方のお部屋の整理

2017-06-20

成年後見人として就任していた案件で、入所していたホームの退去の準備をしました。

本来は、相続人が行うべきものですが、この方は遺言を遺しておられ、遺言執行者がいたので、執行者がなさることに立ち会ったのでした。

お亡くなりになった方のお部屋を整理する業者さんがみえて、見積もりなどを取ってもらったのですが、やはり近年、このように亡くなった方のお部屋のなかをきれいにする業務がものすごく増えているとのこと。

今回は違いますが、おひとりで亡くなられた方のお部屋などについては、業者さんによっては受け付けてくれないことがありますが、今日の業者さんはそのような案件でも対応されるとのことです。

よく終活といって、生前にお部屋をある程度整理されることを検討していらっしゃる方も多くなりました。

遺言執行者や相続財産管理人の仕事をするなかで、空家の処分を手配することもありますが、ぱっと見た目がそうでもない場合でも、トラックに積み込むと、びっくりするくらいの荷物があるものです。

ある程度の整理というのは、遺された相続人の方が途方にくれずに済むかもしれないとも考えます。

遺産整理で途方にくれた場合でも、司法書士がお役に立てることがたくさんありますよ。

Copyright(c) 2018 司法書士 今宿・周船寺法務事務所 All Rights Reserved.