【ひとくちメモ】遺言書検認申立ての添付書類

2015-03-10

自筆で書かれた遺言書については、遅滞なく家庭裁判所の検認申立てを行う必要があります。

この申立ての際には、添付書類として、亡くなられた方の出生から死亡までの戸籍謄本等と、相続人や受遺者の戸籍謄本等を取り寄せて添付しなければならないのですが、とても古い戸籍については、戦災や保存期間経過などの理由で廃棄されていることがあります。

戸籍が揃わないと、相続関係がはっきりしないこともあり、特に不動産登記などでは、それに代わる書面を求められたりするケースがあります。

このたび申立てをする方の分について、この「戸籍が揃わない」事態が生じたので、管轄の裁判所に相談をしたところ、「やむを得ないので、あるものだけを添付してください。」とのこと。

司法書士をやっていると、この戸籍が揃わないケースについては、とかく神経質になりますが、とりあえず申立てが可能であることを知り、ほっとしました。(熊本)

Copyright(c) 2015 司法書士 今宿・周船寺法務事務所 All Rights Reserved.