【ひとくちメモ】契約書に押印する印鑑は実印か?

2015-03-19

今日とある法人様が施設を建設されたので、そのご融資契約に立ち会いました。

銀行の契約書類はたくさんありますが、基本的に銀行側は、実印の押印をお願いされていました。

そして、まったりとそれを眺めていた私に、いきなり代表者様から、

「先生、だいたいこの◎◎という契約書というのは、実印じゃないとダメないんですが?」」と鋭いお尋ねが。

お答えしましょう!

そもそも契約については、一部を除き口頭でよいということになっていますので、

書面になっていなくてもよいくらいなのであって、

となれば、押印の有無などなおのこと、法律での定めはないのであります。

しかし、契約に際しては、当該契約内容等に争いが生じたときのために、

一般的には本人しか持ちえないであろう実印をもって押印しておくことによって、

当該契約の真正な成立を担保したいというのが、契約書に実印を押すことになる趣旨でございます。

…という内容のことを、実際は、いきなりふられてアワアワしながらご回答させていただきました。

 

 

Copyright(c) 2015 司法書士 今宿・周船寺法務事務所 All Rights Reserved.